2007年7月30日 (月)

中国大河ドラマ

最近、中国の大河ドラマ大漢風(番宣が台湾のが一番カッコ良いのでLINKしておきました)にはまっています。

St362836s200 (写真のDVDは台湾で出されている物です・・・)

いわゆる、項羽と劉邦の話なのですが、コレが結構いけるんです。

もともと「史記」は読んでいたので、途中から見始めてもすんなり観続けてはいるんですが・・・。

なんだか、フィクションが多すぎてびっくりする所も多々ありますね。

お隣のくまさんも、学生時代に司馬遼太郎氏の「項羽と劉邦」を読んで、興味が有ったらしく、一緒に見ているのですが・・・いかんせん私うさぎは劉邦軍派、くまさんは項羽軍派のファンで、たまに野球観戦で対立する巨人・阪神のファンのような事も・・・・・。

ま、さっきも言ったようにやけにフィクション化されている部分が多くて二人してココは違うよね・・・とか、この時この人いたっけ?みたいな他愛も無い話をして楽しんでる事のが多いんですがね。

ドラマとしては楽しいですよ!内容とかはココで語りだすとキリが無いので語らない事に致します・・・・。

とにかく、オープニングテーマがカッコイイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

ガラスの仮面・・・・?!

皆さんはガラスの仮面と言うコミックをご存知でしょうか?(もしくはドラマやアニメを・・・)

なんと無しに新聞を読んでいたら、ガラスの仮面の「劇団つきかげ」を立ち上げると言う記事を目にしました!

/(゛д゛)\「すげ~っ!!」

コミックの中に出てきた演目を披露するとの事・・・。

それが又、ボランティア!お給金無しですよ。

あんな辛い内容でやるとしたならもう大変・・・。まあ、そこまで厳しくやるのか知らないけど・・・。

マヤ役に抜擢された人は大変そうだ!

と、この話題を身近な人たちに話して、入団を迫って見たところ・・・。

皆、口々に拒絶の答えが返ってきたりした・・・・。

/(´ゝ`)\そりゃ、そんな大変そうな劇団に気軽に入団せんよな。

しかし、今後この話がどう進展するのかは気になる所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

ケーブルテレビ・・・

引越し後、ケーブルテレビになって、色んな番組を見る事が出来るようになったんですが・・・。

最近、日本映画専門チャンネルで勝新特集をやってて、朝の8:00から「兵隊やくざ」シリーズを連続で放映しているんです!

D0083822

/(><)\「く~っ見たいっ!!」

なぜに朝の8:00放映なのか?!他の時間帯での再放送があるかと思い、調べてみればやはりどの再放送も平日の仕事中のものばかり・・・。

勝新映画と言えば「座頭市」シリーズが人気ですが、私は「兵隊やくざ」シリーズもお勧めなのです!

小さいとき爺さんと、よく一緒に見たもんだ。

田村高廣 とのコンビが抜群で、最高!とにかく暴れて、大騒ぎして逃げる・・・って言う内容はかなり面白いです。興味のある人は機会があればゼヒ一度見てください。

何で平日しか放送しないかな~・・・。/(´ο`)\

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

実写版映画・・・。

昔から、よくテレビ放映していたアニメを実写なんかでやるでしょ?(逆もあるけど・・・。)

なんか、大体がイメージが崩れたりしてがっかりすることが多いんですがね・・・。

チョット前に深夜放送していた「蟲師」も実写化するとのことです。

始めてみた時からハマッテしまい、DVDも全巻買ったんですが。(前にチョロットUPしたけど・・・。)

あのアニメ・・・、いいですよねぇ・・・・・。雰囲気が。まどろんだ感じとか。

てなわけで、実写版のHPを覗いてみました。

・・・・・。オダギリジョー!いい役者さんですね。(チョット前に新撰組の斉藤一役をやってたけど、中々今までとは違うイメージの斉藤一になっていてとても良かったと思います。)

しかし、なんかスチールだけ見てるとイメージが・・・・・なんとなく鬼太郎君のような気が・・・・。

やはりイメージって恐ろしい。役どころと役者さんを、頭の中でさっと切り替えられないトコが・・・。(見た目のイメージがアニメ通りにいくわけないんだから)

まあ作品を見てみないと、なんとも言えないんですけどね。イメージ負けしているけど、きっとオダギリジョーさんは良い演技をしてくれるだろうと、期待します。(斉藤一役の時のように・・・)

/(゜ゝ´)\とりあえず、気になったのでこの内容をUPして見ました!

映画がイメージに近い出来であることを祈ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

硫黄島からの手紙・・・

061213_1925

見てきました。

感想から、言います。面白かったです。(面白い・・・というのも変ですが。)

よく雰囲気は出ていたとは思います。細かいことを言うと、突っ込みどころ満載なのですが・・・。日本人でない、クリント・イーストウッド監督はよく描いたと思います。(セリフ、日本の風俗などのアドバイザーがもっとしっかりした人がやっていればよかったのに、と思います)

硫黄島戦での兵士達の状況はわりと良く描かれていて、感動しました。(少々おやっ?と言うとこもチラホラでしたが・・・)

ただし、気になった事が・・・。/(´~`)\

日本国内の内容は、ちょっとひどくないですか?という感じでした・・・。

映画にドラマ性を持たせたいとか、当時の軍国主義国家を強調したかったのは分るのですが・・・。当時の日本人、ほとんど悪い人ばかりみたいに思える箇所が・・・。(私の受け取り方がわるかったのかなぁ・・・?)まだ見ていない人もいると思いますので、細かい内容は避けますが・・・。

私は、あの話が描かれてから、少しアンニュイになってしまった・・・。

しかし、当時の人たちの苦労が偲ばれる、良い作品では有ったと思います。興味のある方は見に行くことをお勧めします。見てどう思うかは、その人自信の感じ方次第だと思います。唯一つ言える事は、我々の祖父や父の生きた時代に、映画の内容に近い苦労の時代が有ったという事を我々は忘れてはいけないという事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月29日 (日)

硫黄島

                 061029_2212

昨日から上映されている「FLAGS OF OUR FATHERS」を観に行きました。

私は、戦時中に兵隊だった祖父や親戚の影響で、戦記物を調べています。映画好きなのもあって、今回の硫黄島2部作も放映前から気になっていたので、早速観に行きました。貼らせていただいたリンクは非常に興味深いものですので、皆さんゼヒご一覧ください。)

クリント・イーストウッド氏の監督と言うこともあって、人間ドラマを交えた良い話に仕上がっていたと思います。今回はアメリカ側から見た硫黄島をめぐる人間模様でしたが、次回作は日本側から見たものと言うことで、非常に楽しみです。

これから見る人達もいると思いますので、内容に関しては伏せておきますが、私が見て感じたことを一言述べておきますと・・・。

一般市民から兵隊になった人間がアメリカの国益と言う名目に翻弄され、人生が変わっていく。と言う非常に切ない話になっていました。(もっと細かいことも言いたいのですが、後は見てやってください。)

「戦争中は敵に勝つ事を第一に考えて毎日を過ごしていたよ・・・。」と言っていた祖父の言葉を思い出します。その裏には、早く戦争が終わっていつもどおりの生活が来ることを願っていたんだなぁ、と思うのです。

まさに今回の映画の主人公達も同じ気持ちだったんだと、映画を観て思わされました。

映画の内容と少々関係があることなのですが、最近私の周りで祖父と同年齢の方達が亡くなっています。その方達も、戦争中のことを大して語らず、遺品のみを残していってしまいます。

写真、勲章、衣類。それを形見分けで私が預かることがあるのですが、それを見るたびにもう少し話を聴いておけばよかったと思う今日この頃なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

イギリス紳士

以前から周りの友人達と飲んでいて、議論になることがある・・・・。

「アレック・ギネス」「デビッド・ニーブン」の容姿がある一時期よく似ていて、よく似たような役で出演していてどちらがどちらか判らなくなる、と言うことだ!

Photo Storyguinessap

さて、どちらが「デビッド・ニーブン」でどちらが「アレック・ギネス」でしょう?でもこれは割合に簡単。写真を並べれば、一目リョウゼンですよねぇ!・・・・。/(´~` )\

/(◎ д ◎)\ っがっ!!しかし、ここからが問題・・・・。70年代前後に戦争映画が流行して、二人ともよくイギリスの紳士的な将校の役で出演していますが、どちらがどの映画に出演していたかをよく間違えるのです。(凄い映画好きな人は知ってて、間違えるのは我々だけかも知れないんですが・・・。)

「戦場にかける橋」・「好敵手」・「ナバロンの要塞」・「北京の55日」・「アラビアのロレンス」などなど・・・。軍服着ちゃうとさっぱり判らん・・・。

間違いなく分かっているのは「スターウォーズ」が「アレック・ギネス」

「80日間世界一周」が「デビッド・ニーブン」ってことかな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (2)